Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、情報漏洩対策製品「InterSafe ILPシリーズ」をバージョンアップ

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、情報漏洩対策ソリューションの最新版「InterSafe ILP Ver.1.5」を、5月31日より販売を開始する。

「InterSafe ILPシリーズ」は、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、ウェブ上で申請や承認を行うソフト「InterSafe WorkFlow」、USBメモリにセキュリティ機能を追加できる「InterSafe SecureDevice Ultimate」の3製品で構成されている情報漏洩対策ソリューション。

最新版では、最新プログラムを一斉配信できるアップデート機能を搭載したほか、「InterSafe DeviceControl」において外付けUSBハードディスクの制御に対応した。また、「InterSafe SecureDevice Ultimate」に読み取り専用モードを追加している。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS