Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDFの脆弱性を悪用したエクスプロイトが再び増加 - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、4月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。

同社がまとめたインターネット上のマルウェアランキングでは、トップ20のうち14種が新規にランクインしたもの。上位10種のうち、1位の「AdWare.Win32.HotBar.dh」を含め7種がアドウェアとなっている。

4月には、Adobe製品の脆弱性を悪用したエクスプロイトの増加傾向が見られた。なかでも「Exploit.JS.Pdfka」の亜種である「Exploit.JS.Pdfka.dmg」は、新規に9位へランクインしている。

国内での攻撃確認は多くないが、おもにロシアや米国、ドイツなどで攻撃が多発しており、4月だけで数十万のユーザーが被害に遭ったという。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談