Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関にネットのしくみを解説した冊子を配布

日本レジストリサービスは、全国の中高校や高等専門学校を対象に、インターネットのしくみを解説した教材を無償配布する。

2010年にも同様の試みを展開し、好評だったことから再度実施するもので、希望教育機関へ配布するもの。

配布する教材は、ドメイン名やDNSのしくみなど、インターネットのしくみについてストーリー仕立てで学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 ~楽しくわかるインターネットのしくみ~」。「技術家庭」や「情報」、インターネット関連授業などの補助教材を想定している。

申し込みの受付期間は6月30日までで、専用ページにて教員からの申し込みを受け付ける。また同資料はPDFによる配布も実施しており、インターネット上からダウンロードして閲覧することができる。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
JPAAWG、GoogleやYahooの「大量メール送信規制」で緊急イベント
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
7割弱の主要上場企業がDMARC導入 - ドメインベースでは26%
「電子署名・タイムスタンプ普及合同フォーラム2009」が開催