Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

出荷携帯電話の5台に1台がスマートフォン - 大きな脅威は「紛失」

スマートフォン市場が拡大している。2011年3月までの1年間に出荷された携帯電話の5台に1台はスマートフォンで、セキュリティの問題へ直面している。

MM総研によれば、2010年4月から2011年3月までの1年間に出荷されたスマートフォンは855万台となり、前年の3.7倍へと拡大。出荷台数の22.7%をスマートフォンが占めた。OS別のシェアは「Android」が57.4%と半数超で、iOSの37.8%を上回っている。

なかでもAndroid搭載端末については、自由にアプリケーションが提供される一方、マルウェアが配布される可能性があり、Android Marketで提供されるケースや正規ソフトにトロイの木馬を仕込んだ海賊版など見つかっている。

エフセキュアのテクノロジー&サービス部技術部長の八木沼与志勝氏によれば、Android 2.1では、Webkitの脆弱性によりウェブページを閲覧しただけで悪意あるコードを実行された可能性がある。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる