Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、一元管理できるMac向けエンドポイント対策製品を発売

Kaspersky Labs Japanは、法人向けのMac用セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Endpoint Security 8 for Mac」を5月16日より発売する。

同製品は、企業や団体で利用されるIntel搭載Macの保護を目的としたセキュリティ対策ソフト。

「Mac OS X 10.6」「同10.5」「同10.4.11」のほか、「Mac OS X Server 10.6」にも対応しおり、「Mac」に限らず、「Windows」「Linux」へ感染するマルウェアについても検知することができる。

一元管理ツール「Kaspersky Administration Kit」を利用することにより、他プラットフォーム向けの製品とあわせて管理することが可能。インストールや定義ファイル、ポリシーの配布、スキャンのタスク設定など行うことができる。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック