Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事業者情報含む帳票を非常勤職員が紛失 - 大阪府

大阪府は、LPガスの適正な管理などを指導する非常勤嘱託員が、事業者情報が記載された帳票9軒を紛失したと発表した。

紛失した書類には、LPガス事業者9件の事業者名、所在地、電話番号、登録年月日のほか、業務主任者の氏名などが記載されていた。

4月4日、職員が書類10件を携帯し、LPガスの保安指導のため販売店や消費者を巡回。翌日午前、書類10件のうち9件の紛失が判明した。警察への届出や関係者への謝罪など、対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK