Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メールを通報できるプラグインを配布

総務省は、同省へ迷惑メールに関する情報提供を手軽に行える「迷惑メール情報提供用プラグイン」を提供開始した。

同ソフトは、「特定電子メール法」に違反した迷惑メールの情報について受信者から提供を受け付けるためのプログラム。

「Outlook Express」「Windows Live Mail」「Thunderbird」など主要メールクライアント向きのプログラムが用意されており、簡単な操作で迷惑メールを通報できる。

提供された情報は、「特定電子メール法」の違反者に対する措置などに活用する。ソフトウェアのダウンロードは、専用サイトより行うことが可能で、利用料金は無料。

(Security NEXT - 2011/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガサーバで情報流出、スパム踏み台に - 千歳市
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも