Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メールを通報できるプラグインを配布

総務省は、同省へ迷惑メールに関する情報提供を手軽に行える「迷惑メール情報提供用プラグイン」を提供開始した。

同ソフトは、「特定電子メール法」に違反した迷惑メールの情報について受信者から提供を受け付けるためのプログラム。

「Outlook Express」「Windows Live Mail」「Thunderbird」など主要メールクライアント向きのプログラムが用意されており、簡単な操作で迷惑メールを通報できる。

提供された情報は、「特定電子メール法」の違反者に対する措置などに活用する。ソフトウェアのダウンロードは、専用サイトより行うことが可能で、利用料金は無料。

(Security NEXT - 2011/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
メルアカに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ホテル運営会社
海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気