Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA会長に佐伯達之氏が就任 - 最重要市場「日本」に注力

日本CAは、2011年4月1日付で代表取締役会長に佐伯達之氏が就任したと発表した。

CA Technologiesでは、グローバル戦略で日本市場を最重要市場のひとつに位置付けており、日本法人である日本CAへ同氏を迎え、日本市場における同社認知度の向上やパートナーシップの強化、サービス品質の向上など進め、ビジネスを拡大を目指す。

同氏は、日本IBM取締役副社長やIBMアジア・パシフィック地域パーソナル・システムズ・グループ総括責任者、EDSジャパンの代表取締役社長のほか、ナスダック・ジャパンの代表取締役会長兼CEOを歴任。ナスダック・ジャパン(現ヘラクレス)の創設に携わった。

前職では医薬品情報とコンサルティング・サービスを展開するアイ・エム・エス・ジャパンにて取締役会長を務めている。

(Security NEXT - 2011/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に