Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地使用料の支払調書を別の顧客へ誤送付 - UR都市機構

UR都市機構は、個人情報が記載された支払調書1人分を、誤って別の顧客へ送付したことを公表した。

誤送付されたのは、同機構が賃借している土地の所有者に対し送られた土地使用料の支払調書8枚。所有者の氏名、住所、物件所在地、支払金額などが記載されていた。

1月28日に発送した際、誤ってほかの顧客へ送ったという。2月3日に誤送付先から連絡があり、謝罪するとともに書類を回収した。本来送付すべき顧客にも、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府