Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地使用料の支払調書を別の顧客へ誤送付 - UR都市機構

UR都市機構は、個人情報が記載された支払調書1人分を、誤って別の顧客へ送付したことを公表した。

誤送付されたのは、同機構が賃借している土地の所有者に対し送られた土地使用料の支払調書8枚。所有者の氏名、住所、物件所在地、支払金額などが記載されていた。

1月28日に発送した際、誤ってほかの顧客へ送ったという。2月3日に誤送付先から連絡があり、謝罪するとともに書類を回収した。本来送付すべき顧客にも、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
建築工事費調査で別人の調査票を重複して誤封入 - 国交省
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町
認可保育所に無関係の副食費免除対象者情報を誤送信 - 青梅市
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府