Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票を一時紛失、掲示板に貼られ判明 - 大阪市水道局

大阪市水道局は、個人情報含む「水道使用量のお知らせ票」9枚を、委託業者が一時紛失したことを明らかにした。

紛失したのは、顧客の氏名、使用水道量、請求予定金額などが記載された帳票9枚。本来1件検針するごとに帳票を作成し、投函することになっていたが、2月1日に検針員がマンションで検針業務を行った際、まとめて複数の帳票を出力。その後落としてなくしたという。

検針員は紛失に気がつかず、同日19時ごろ、マンションの掲示板に帳票が貼ってあるとの連絡がマンションの入居者から寄せられ、問題が判明した。

同市では、翌2日にすべて回収し、あらためて配布するとともに、対象となる顧客への説明と謝罪を実施。今後は、業務マニュアルの遵守を委託先へ指導するなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2011/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
送配電子会社から顧客情報が閲覧可能、点検で判明 - 九電
郵便物の配達控約2.1万件が所在不明 - 前橋市の郵便局
顧客情報記載の一部帳票が所在不明に - 都内トヨタディーラー
全国学力調査の一部解答用紙が所在不明 - 送り状貼付ミスで
県立高校6校で女子生徒の個人情報が盗難 - 岐阜県
マイナカードの申請者情報含む帳票を誤って手渡すミス - 練馬区
2店舗で睡眠預金の関連帳票を紛失 - 旭川信金
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀