Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア含む無料「KIS 2011」を確認、偽サイトに注意を - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、1月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。

同社がまとめたインターネット上のマルウェアランキングによると、上位2位に変化はなく、トップは繰り返し広告を表示させる「AdWare.Win32.HotBar.dh」。2位にJavaの基本機能を悪用する「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.cf」が続いた。

3位には、Windowsのヘルプとサポートセンターの脆弱性を攻撃する「Exploit.HTML.CVE-2010-1885.aa」が新規ランクインしている。またアドウェアの活動が活発で、「AdWare.Win32.FunWeb.gq(4位)」、「AdWare.Win32.WhiteSmoke.a(12位)」などあらたにランクインしている。

一方、ユーザーPC上で検知されたマルウェアランキングでは、上位に大きな変動はなく、1位は前月と変わらず「Net-Worm.Win32.Kido.ir」だった。

(Security NEXT - 2011/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク