Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア含む無料「KIS 2011」を確認、偽サイトに注意を - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、1月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。

同社がまとめたインターネット上のマルウェアランキングによると、上位2位に変化はなく、トップは繰り返し広告を表示させる「AdWare.Win32.HotBar.dh」。2位にJavaの基本機能を悪用する「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.cf」が続いた。

3位には、Windowsのヘルプとサポートセンターの脆弱性を攻撃する「Exploit.HTML.CVE-2010-1885.aa」が新規ランクインしている。またアドウェアの活動が活発で、「AdWare.Win32.FunWeb.gq(4位)」、「AdWare.Win32.WhiteSmoke.a(12位)」などあらたにランクインしている。

一方、ユーザーPC上で検知されたマルウェアランキングでは、上位に大きな変動はなく、1位は前月と変わらず「Net-Worm.Win32.Kido.ir」だった。

(Security NEXT - 2011/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向