Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティのセルフ診断を支援する新サービス - GSX

グローバルセキュリティエキスパートは、組織が自身でセキュリティ診断が行えるよう支援する「TIGERSTRADA」を提供開始した。

同サービスは、ネットワークやウェブアプリのセキュリティ診断を組織みずからが実施できるよう支援するサービス。

診断体制やポリシーの構築を支援。さらに脆弱性検査ツールを提供し、ツールを活用するためのトレーニングや設定、検査結果の分析についてもサポートする。

同社では、サービス開始にともない、3月22日までの期間限定で特別価格で提供するキャンペーンを展開している。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス