Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの「MHTML処理」に脆弱性 - MSが「Fix it」を公開

マイクロソフトは、「Internet Explorer」の「MHTML」処理に、未修整の脆弱性が含まれているとしてアドバイザリを公開し、回避策の実施などを呼びかけている。

今回明らかになった「CVE-2011-0096」は、HTMLファイルとリンクする画像などをまとめて扱う「MHTML」の処理における脆弱性。「Server Coreインストール環境」を除いたサポート中であるすべての「Windows」が影響を受ける。

攻撃者のウェブサイト上で細工を施したリンクをクリックすると、ユーザーのウェブリクエストへスクリプトを挿入され、情報漏洩やなりすましが発生したり、ユーザーの意図しない操作などが行われるおそれがある。

1月29日の時点で脆弱性の悪用は確認されていないものの、すでに検証コードが公開されている。同社では脆弱性の詳細について調査を進めており、セキュリティ更新プログラムの提供などを検討している。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正