Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテックとFJM、中堅企業向けクラウド型ウイルス対策サービス

富士通マーケティングとシマンテックは、クラウドを利用した中堅企業向けウイルス対策サービス「Business Security Technical Service」を、1月末より提供開始する。

同サービスは、富士通が提供するオンデマンド仮想システムサービスと、シマンテックの企業向けウイルス対策製品「Symantec Endpoint Protection」を組み合わせたサービス。両社が締結した中堅市場向けの戦略的パートナーシップの一環として提供するもの。

クライアントPCやサーバの監視、ウイルス定義ファイルの自動更新、ウイルスの自動駆除、月次報告のほか、大規模感染の発生時に専任の技術者が訪問し、駆除作業を支援するサービスをオプションで用意している。

ウイルス対策管理用サーバが不要で、PC台数の増減に応じて必要な分だけ利用できるのが特徴。月額利用料は1ユーザーあたり525円。

(Security NEXT - 2011/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス