Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配布サイト1日あたり3万件 - 7割が改ざん正規サイト

ソフォスは、2010年のマルウェア配布サイトのホスティング国についてランキングを取りまとめた。

同社によれば、2010年にあらたな悪意あるURLを1日あたり3万件を発見しており、7割は改ざんされた正規サイトだったという。

2010年にマルウェア配布サイトをホスティングした国のトップは米国で、全体の39.39%を占めた。一方、欧州諸国がマルウェアサイトをホストするケースが急増しており、フランスが中国に代わって2位に浮上するなどの動きも見られた。日本は0.31%で26位。

同社がまとめた2010年のマルウェアホスト国トップ10は以下のとおり。

1位:米国
2位:フランス
3位:ロシア
4位:ドイツ
5位:中国
6位:英国
7位:ポーランド
8位:カナダ
9位:ウクライナ
10位:ハンガリー

(Security NEXT - 2011/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも