Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1000件の「ファミマTカード」で不正利用の疑い - 海外利用を一時停止

ファミマクレジットは、米国内において同社クレジットカード「ファミマTカード」の不正利用が発生したとして、海外におけるカード利用を一時停止した。

同社によれば、米国においてカードの不正利用が発覚したもので、不正利用の疑いがある約1000件の「ファミマTカード」、および今後不正利用が行われるおそれがある同カードについて、12月24日よりショッピングやキャッシング利用を停止した。同社では不正利用された可能性がある会員へ連絡を取り、カード再発行について案内している。

また被害の拡大を防ぐため、「ファミマTカード」と「TSUTAYA Wカード」の全カードについて、海外での利用を一時停止。「Amazon.co.jp」など含む海外とのネット取引も、同様に一時利用できなくなっている。

同社では、不正利用された個人情報の範囲や経緯など詳細を調べており、判明次第発表する方針。ポイントサービスやレンタル機能については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す