Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票約4600件が保管箱ごと所在不明 - 宮崎銀

宮崎銀行において伝票約4600件が、所在不明になっている。同行では、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

所在がわからなくなっているのは、大島支店が扱った入金や支払、振込、公金の納付依頼などに利用した伝票。同支店では、伝票綴りを月ごとに保管箱で管理していたが、2004年12月分の伝票綴りが保管箱ごと見当たらないという。

記載されている顧客情報の正確な件数はわかっておらず、約4600件にのぼると見られている。伝票綴りには顧客の氏名、住所、口座番号、印影、取引金額などが記載されていた。

同行では、外部へ持ち出された形跡はなく、台帳上で廃棄済みとなっている別の保管箱が残っていたことから、2010年8月に実施した不要書類の廃棄作業の際、誤って処分した可能性が高いと説明している。関連する問い合わせや不正利用などは、確認されていない。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード