Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを人質にして金銭を要求する「ランサムウェア」に新種 - 改ざんサイト経由で拡散

また同社では、マスターブートレコードを感染させるランサムウェア「Trojan-Ransom.Boot.Seftad.a」もあらたに検知している。

同トロイの木馬へ感染するとデータが書き換えられ、初期化に必要なパスワードと引き換えに金銭が要求される。3 回パスワードを間違えるとPCが再起動し、代金の支払いを要求するウィンドウが再び表示されるという。

同社では、これらの被害に遭わないため、利用しているアプリケーションの脆弱性を解消するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出