Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Hotmail」の最大9万4439アカウントで障害 - 一部アカウントでメールが消失のおそれ

マイクロソフトは、ウェブメールサービス「Windows Live Hotmail」において、10月31日から一部アカウントでアクセスできない障害が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、10月31日7時ごろから「Hotmail」にサインインできない、あるいはサインインできてもメールボックスの操作や閲覧ができない、メールの受信ができないなどの障害が発生したもので、国内で最大9万4439件のアカウントに影響があったという。

ハードウェア障害が原因で、復旧作業により11月4日11時ごろアカウントへのアクセスが可能になったが、復旧したアカウントでも、メールの購読状態の表示が不正確になったり、約6%のアカウントで10月8日以降に送受信したメールが一部損失している可能性がある。

同社では監督官庁へ報告。引き続き、障害や影響範囲について調査を行う方針。また調査結果の詳細について、Windows Liveのサポートサイト「Windows Live Solution Center」に順次掲載するとしている。

(Security NEXT - 2010/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず