Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米中から世界規模に広がる改ざん - セキュアブレイン調査

また同社は、ここ1年で変化が見られたフィッシング詐欺サイトの傾向に触れ、偽ブランド品を販売すると偽って情報詐取を試みるサイトが、2009年9月には8.6%だったが、2010年3月以降増加しており、9月には41.7%に増加したことを報告している。

SNSやブログサービスを装った詐欺サイトも発生するなど、詐欺の種類も1年前に比べて増えていると指摘している。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに