Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類

8月は前月よりフィッシングの報告数が減少したものの、2018年前半と比較すると依然として高水準で推移している。「Amazon」や「Apple」など大手ブランドをかたるフィッシングメールでは、次々とあらたな文面が確認されているという。

フィッシング対策協議会が、8月に寄せられたフィッシング攻撃の動向について取りまとめたもの。

8月は1874件の報告が寄せられた。前月の1977件から103件減少したが、1000件前後で推移していた2018年2月以前の水準と比較すると依然として高い水準で推移している。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは954件。前月を42件下回るものの、前月に続き900件台をキープしており、約1年ぶりのピークを再び迎えている。8月にフィッシング攻撃に悪用されたブランドは、前月から9件減少して32件だった。

(Security NEXT - 2018/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
「フィッシング詐欺」、1年に3回も被害あったケースも
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
不正送金被害が前年比5倍と過去最悪 - 年末年始もフィッシング攻撃に警戒を
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少