Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコムサイトの3割が危険 - 「Gumbler」で悪用目立った「.ru」は1割

ウェブサイトで利用されるドメインのうち、「.com」がもっとも悪用される割合が高いことがわかった。マカフィーが、2700万以上のウェブサイトについて調査を行い、ドメインごとに危険性をまとめ、判明したもの。

同社調査によれば、ウェブサイト全体では、6.2%が危険なサイトで、前年調査の5.8%を上回った。トップレベルドメインを見ると、危険なサイトの割合が高かったのが「.com」ドメインで、31.3%にのぼる。また「.info」についても30.7%と僅差だった。

一方国別ドメインを見ると、前回調査で39位だったベトナムの「.vn」がもっとも不正サイトの割合が多い国別ドメインに浮上、29.4%が危険なウェブサイトだった。トップレベルドメインを含めても3番目だった。

前回首位のカメルーンは、36.7%から22.2%へと改善したものの、2番目に危険サイトの割合が高かった。アルメニアの「.am」12.1% ココス諸島「.cc」が10.5%が続いている。Gumbler攻撃などで用いられたロシア「.ru」は前年から5.5ポイント増加し10.1%で5位だった。

(Security NEXT - 2010/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増