Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TeraPad」のライブラリ読込処理に脆弱性 - アップデートが公開

人気テキストエディタ「TeraPad」に脆弱性が見つかったとして、情報処理推進機構(IPA)が注意喚起を行った。

「同Ver.0.93」および以前のバージョンのライブラリファイルの読み込み処理に不具合があり、テキストファイルを開いた際に不正なライブラリファイルが読み込まれる可能性があるもの。脆弱性を悪用された場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

脆弱性が解消された最新版「同Ver.1.00」が公開が開始されており、同バージョンにアップデートすることで脆弱性を回避することができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み