Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク制度の運営要領が来年3月に改正 - 既定体系や表現を見直し

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、プライバシーマーク制度の運営要領を全面的に改正すると発表した。2011年3月1日より施行する予定。

今回の改正は、制度の透明性や利便性を高めることを目的としており、既定体系や名称を見直したり、詳細な記述を盛り込む。同制度委員会の審議を経て決定したもので、制度そのものの変更は行われていない。

既定体系では、既定をモジュール化し、事業者や審査機関が必要な既定のみ参照できるようにするほか、「綱領、規則」「規約」「基準」「手順」と階層化。またPマークの表示方法や申請期間についても、柔軟な運用ができるよう修正がくわえられている。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず