Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Virus Total、G Dataの不正URL判定エンジンを採用

独G Data SoftwareとスペインのVirus Totalは、不正サイトのURL判定分野で提携した。

今回の提携を通じて、Virus Totalは、ウイルスへ感染するおそれがあるサイトやフィッシング詐欺サイトを判定する「不正サイトのURL判定サービス」のエンジンにG Dataのエンジンを追加した。

Virus Totalでは、すでに「Firefox」「Google」「Opera」「ParetoLogic」「PhishTank」を採用しており、同社サイトでは、あわせて6種類のエンジンでURLの判定を行うことができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA