Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月の月例セキュリティパッチは過去最多となる16件 - ゼロデイ攻撃にも対応

一方サーバについては、「.NET Framework」の脆弱性を解消する「MS10-077」にくわえ、Windows共有クラスタの脆弱性に対応する「MS10-086」を挙げている。

「MS10-086」は、深刻度が「警告」で、環境も「Windows Server 2008 R2」に限定されるが、脆弱性を解消するには、パッチの適用以外にもクラスターの再作成が必要となるため、注意が必要だという。

今回提供されるプログラムを具体的にみると、深刻度が緊急とされている「MS10-071」は、IEの脆弱性を解消するプログラム。10件の脆弱性に対応した。10件のうち3件の脆弱性がすでに公表されているが、悪用は確認されていない。

細工されたページを閲覧するなど脆弱性が攻撃を受けた場合、コードが実行される可能性があるほか、HTMLのアンカー要素に関する情報が漏洩するおそれがある。

(Security NEXT - 2010/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加