Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルでセキュリティ対策を一元的に提供 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、国内外のシステムのセキュリティ対策を一元的に提供するサービス「Bizセキュリティ グローバルマネジメント」を提供開始した。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンターを活用し、国内外におけるシステムのセキュリティ対策を提供するもの。顧客のシステムにセキュリティ機器を導入し、脅威からのシステム保護やインシデント発生時のサポートを提供する。

SOCでは日本語や英語はもちろん、ドイツ語、フランス語、中国語、スウェーデン語で対応。300人超の専門エンジニアを世界10カ国、22拠点に配置。国内外問わず均一なレベルでセキュリティ管理が可能だという。

メニューとして、ネットワーク内の不正な動作を検知して不正アクセスやワームによる通信を遮断する「マネージドIPS/IDS」を提供する。

このほか、セキュリティポリシーに応じたアクセス制御を行う「マネージドFirewall」を2010年第3四半期から、またファイアウォールやアンチウイルス、不正侵入対策などの機能を統合管理する「マネージドUTM」を2011年第1四半期から提供予定。

(Security NEXT - 2010/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
「JPAAWG 4th General Meeting」が11月にオンラインで開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ