Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

証拠改ざんで大阪特捜検事が逮捕 - 注目集まるデータの「完全性」

日弁連は、今回の事件で捜査を行っている最高検も「当事者」であるとし、第三者が参加する独立した立場から徹底解明が必要と会長声明を発表。従来から主張している取り調べの可視化などあらためて訴えている。

「データの改ざん」が大きな影響を及ぼした事件はこれだけではない。つい最近も、経営破綻してペイオフが実施される日本振興銀行の不祥事で注目を浴びた。同行は検査に関わるメールをサーバ上から意図的に削除していたもので、重大な法令違反があったとして、金融庁が5月に行政処分を受けている。

あふれるデジタルデータ、「非改ざん証明」が求められる時代に

プロパティから参照できるファイルの更新日時などを操作するソフトは、従来より多数出回っている。フリーウェアなどをインターネット上からダウンロードすることが可能だ。

筆跡などなく、劣化しないデジタルデータはアナログのデータに比べ、改ざんが容易とされている。とはいえ、ほかのデータとの整合性を検証し、ある程度改ざんを見抜くことも可能で、今回の改ざんが発覚した。デジタルデータを解析する「デジタルフォレンジック」技術は今後さらに重要性を増していくだろう。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
脆弱な旧Wi-Fi機器の使用中止を呼びかけ - 任天堂
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず