Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信や情報漏洩対策機能を備えたアプライアンス - HDE

HDEは、メールの誤送信による情報漏洩対策に特化したアプライアンスサーバ「tapirus G 2000」を発売した。

同製品は、人為ミスによるメール誤送信やメールからの情報漏洩を防止する機能を備えたアプライアンスサーバ。独自の誤送信対策エンジンにより、誤送信や情報漏洩の危険性があるメールをシステム側で自動的に抽出できる。

このほか、メールの一時保留機能や上長による承認機能、設定した条件に合致するメールを監査する機能、添付ファイル付きメールの自動暗号化機能、メールの保管機能など複数の機能を搭載している。価格はオープン。

(Security NEXT - 2010/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応