Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も

バッファローのモバイルWi-Fiルータ「DWR-PG」にウイルスが混入したことを明らかになった。また同社よりOEM供給を受けているNTT東日本においても「光ポータブル」の一部へ混入したことが判明している。

混入したウイルスは、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で感染するウイルス「WORM_AUTORUN.EIK」。セキュリティベンダーによっては呼称が異なり、「W32/Conficker.worm!inf」「Trojan.Autorun.AEX」と呼ばれるケースもある。

OEMとして供給されているNTT東日本のモバイルWi-Fiルータ「光ポータブル」にもウイルスが混入している。影響を受けるのは、「光ポータブル タイプA(SIMロック版) PWR-100D」や「光ポータブル タイプB(SIMフリー版) PWR-100F」で、そのうち2010年8月3日から9月10日までの発送された約160台に混入のおそれがあるという。

いずれも無線LANのみで接続している場合に感染のおそれはないが、USB経由で接続した場合、ウイルスへ感染する可能性がある。感染した場合は、ゲーム用のアカウントなどを窃取されるおそれがある。

(Security NEXT - 2010/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
「ジーンズソムリエ」案内メールでメアド3497件が流出 - 誤データで本文扱いに