Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんされた情報サイトを1カ月ぶりに再開 - 北九州市

北九州市は、8月に改ざんの発覚を受けて閉鎖していた同市情報サイトの提供を一部再開した。

運営を再開したのは、保健や医療、福祉の関連情報を提供している福祉情報サイト「北九州市くらし情報ナビ」。8月9日に実施した定期点検で、トップページを含む31カ所に不正なコードが埋め込まれていたことが発覚したもの。

同市では、9月9日よりトップページをはじめとする一部ページを再開。残りのページについても、安全性を確認しながら順次再開していくとしている。

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
複数の文化施設が改ざん被害 - 不正サイトに誘導
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性