Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の氏名が記録された携帯端末機を紛失 - フクダ電子子会社

医療機器の製造、販売を展開するフクダ電子は、子会社のフクダライフテック常葉において、取引先医療機関の患者情報が記録された携帯端末の紛失が発生したことを明らかにした。

紛失したハンディターミナル端末には、取引先医療機関の患者1067人の氏名が記録されていた。氏名以外の個人情報や医療情報は含まれておらず、端末機にはパスワードが設定されていたという。

9月2日14時に子会社から紛失の報告を受けた。その後社内および周辺の捜索を行ったが見つからず、同日中に警察へ届け出ている。関係する医療機関に対しては、子会社から経緯説明および謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市