Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、2010年上半期のサイバー犯罪検挙状況を発表 - Gumblar被害の相談も

警察庁は、2010年上半期におけるサイバー犯罪の検挙状況について取りまとめた。検挙件数は2585件で、前年同期の3870件を下回った。

不正アクセス禁止法違反を見ると、前年同期は組織的なオークション詐欺事件による摘発1813件あったこともあり1965件と膨らんだが、2010年上半期は95.7%減となる85件だった。

コンピュータや電磁的記録を対象とした犯罪は9件増加して56件。ネットワーク利用犯罪は2444件となり、前年同期の1858件を大きく上回った。

100902po1.jpg

(Security NEXT - 2010/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし