Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由のウイルス感染を防ぐ月額制セキュリティサービス - ビック東海

ビック東海は、ウェブ経由のウイルス感染を防ぐ月額制のセキュリティサービス「OneOffice Webセキュリティ」を提供開始した。

同サービスは、ウェブフィルタリングとウイルス対策機能を企業向けに月額制で提供するもの。ウェブフィルタリングでは、ポリシーに基づいて77のカテゴリー別に柔軟なフィルタリングルールが設定可能。

ウイルス対策では、サイトにアクセスする際にリアルタイムスキャンを実行。ウイルスが検知された場合は接続を遮断して警告画面を表示する。また、管理者への通知も行われる。管理用ポータル上でアクセスログやウイルス検知のログが確認できるほか、フィルタリングルールの設定も行える。

価格は、初期費用3万1500円。月額利用料は、1アカウントあたり360円から。フィルタリングのみの利用は280円、ウイルス対策のみの利用は320円から。

(Security NEXT - 2010/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能