Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民票や課税証明書など個人情報含む書類が所在不明 - 三重県

三重県は、健康保険組合に郵送した個人情報含む書類27件が、所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、医療費給付の対象者について、所得区分の照会を行うため三重県建設国民健康保険組合に対し郵送した書類。患者および保護者の氏名、住所、生年月日が記載された対象者連絡票、住民票、同意書、市町民税および県民税課税証明書など、27人分が含まれる。

7月22日に送付したが回答がないため、8月20日に電話で確認したところ、書類が未着であることが判明。関係各所を捜索し、また日本郵便に郵便事故調査を依頼したが見つからなかった。

同県では対象者に事情を説明し、医療費給付についても保険者と調整し、適切に対応すると説明している。

(Security NEXT - 2010/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
地域掲示板にモニター募集の偽投稿 - 三重県が注意喚起
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
保健所公用車が車上荒らし被害、動物の苦情処理簿を紛失 - 三重県