Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯に代わって原油流出事故や経済関連スパムが増加 - シマンテックレポート

シマンテックは、7月のスパムメールの動向をまとめた。フィッシング攻撃やマルウェア添付スパムは減少したものの、スパムの割合は増加し9割を超えている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールをもとに、スパムに関する傾向を分析したもの。7月の流通メールに占めるスパムの割合は91.89%で、6月の88.32%から上昇した。

一方、6月に増加傾向を見せたマルウェア添付スパムは減少。これにともない、容量10Kバイト以上のスパムが9ポイント減少した。

フィッシング攻撃も、6月から5ポイント下降したほか、フィッシングツールキットを使って作成されたフィッシングサイトについては60ポイント、URLにIPドメインが含まれるフィッシングサイトも48ポイント下落するなど半減し、全体的な減少傾向にあるなかで、特定URLに対する攻撃は10ポイント増加した。

(Security NEXT - 2010/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染