Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料のメールフィルタリングソフトを提供開始 - Cloudmark

Cloudmarkは、個人や小規模企業を対象とした無料のスパム対策ソフトウェア「Cloudmark DesktopOne」の提供を開始した。

同製品は、Windows端末においてスパムやフィッシング、ウイルスが添付されたメールなどを判別し、排除できるソフトウェア。インストール後、メールアカウントを自動的に検出し、同社検知技術「Advanced Message Fingerprinting」や利用者によるフィードバックをもとに、フィルタリングを行うことができる。

「Microsoft Outlook」や「Thunderbird」をはじめとするメールクライアントのほか、POPやIMAPをサポートするウェブメールに対応。フィルタリングしたメールは、隔離ウィンドウで確認して今後の処理を設定できる。

複数のメールアカウントを一元管理したり、詳細をカスタマイズできる有償版「Cloudmark DesktopOne Pro Mode」も用意している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断