Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、IPアドレスの統合管理や不正接続の遮断が行えるアプライアンス「SmartIP1000」を発売した。価格は、52万2900円。

同製品は、Viascopeの「IPScan」を搭載したネットワーク管理アプライアンス。監視範囲とポリシーを設定するだけでIPネットワーク上の機器をリアルタイムに検出。IPアドレス、MACアドレス、NETBIOS名を表示できる。

IPアドレスやMACアドレスにより接続が許可されていない機器を遮断することができ、接続可能期間の設定にも対応。重要機器のIPアドレスを確保するIPアドレス保護機能や、DHCPサーバの機能も搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ