Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約6800件含む伝票綴りが所在不明 - 三条信金

三条信用金庫は、3支店および本部において、顧客情報約6800件分の伝票綴りが所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載された伝票綴り。もっとも古いものは2000年4月11日分で、正確な件数を特定するのはシステム上困難で、推計で6800人分が含まれていると見られている。

5月19日、燕支店において紛失が判明したことを受け、全店舗において伝票綴りの保管状況を調査。その結果、あらたに燕西支店、四日町支店、および本部資金証券部で紛失が発覚した。

いずれも不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高いと説明しており、また、外部からの問い合わせや不正利用の報告などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区