Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleの更新で優先順位を設定、帯域圧迫を抑える製品 - ブルーコート

ブルーコートシステムズは、Appleのソフトウェア更新が実施される際にネットワークの帯域をコントロールできる「Blue Coat PacketShaper」向けのプラグインを発表した。既存ユーザーは無償で利用できる。

Appleのソフトウェア更新では、アップデートが大容量で組織ネットワークの帯域を圧迫するケースがあるが、同プラグインでは、「Blue Coat PacketShaper」においてAppleソフトウェアの更新を分類し、コントロールすることが可能。

同プラグインを利用することにより、ダウンロードする項目ごとに優先順位や実行日時を設定して帯域の負担を軽減。インターネットゲートウェイなどへキャッシュし、ダウンロード回数を減らす機能を搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始