Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」防護が不十分な企業システムは3割 - NRIレポート

NRIセキュアテクノロジーズは、企業情報システムのセキュリティに関する分析結果をまとめた「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2010」を公開した。

同レポートは、同社が提供しているセキュリティ関連サービスで得られたデータを分析しまとめたもの。重要情報へ不正アクセスできることで「危険」と診断されたサイトの割合は、2005年の50%から年々減少し、2008年には34%まで低下。2009年は36%で下げ止まるかたちとなった。

一方で、重要情報ではないにしろ情報漏洩のおそれがあるサイトも37%にのぼり、安全と診断されたサイトは27%で前回の24%を上回っているものの、3割に満たない状態が続いている。

またこうした診断については、業種間で格差が生まれており、金融業のサイトでは「危険」サイトが順調に減少し2009年には23%まで低下。一方情報通信業のサイトは倍以上にあたる49%が「危険」と判定された。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇