Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サポート終了OSの危険訴える - 利用せざる得ない場合は隔離を

具体的には、同機構へ寄せられた「Windows 98」「同ME」に関する相談は直近1年で1.3%あり、今月でサポートが終了する「Windows 2000」についても1.4%ほどにのぼっている。

今回サポートが終了するOSは、更新プログラムの提供停止により、被害に遭う可能性が日々増大するとして、引き続き利用するユーザーなどへ、動作確認を行ったり、バックアップを実施した上で、すみやかにバージョンアップを実施するよう呼びかけている。

またサポートを受けられないOSを、やむを得なく利用する場合は、ウイルス感染や不正アクセスの被害を予防するため、「できる限りインターネットには接続しない」「他のパソコンとUSBメモリ経由でデータのやり取りを行わない」ことを勧めている。

(Security NEXT - 2010/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 16.1.1」「iPadOS 16.1.1」を公開 - 脆弱性2件を修正
「VMware Cloud Foundation」に深刻な脆弱性 - OSSの既知脆弱性に起因
Oracle、Java SEの脆弱性9件をアップデートで修正
Oracle、「Java SE」の脆弱性5件を修正 - 「同7」の延長サポートが終了
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
「bingo!CMS」に脆弱性、至急更新を - すでに悪用も
プラネックス製ネットワークカメラ2製品に脆弱性 - サポート終了で修正予定なし
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Windows 8.1」のサポート終了まで約半年 - 「同7」「WS 2008」のESUも終了へ
「Citrix ADM」に管理者アカウントがリセットされる脆弱性