Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年の個人情報漏洩は166件増の1539件 - 漏洩人数は2005年以降最低に

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2009年に報道された情報漏洩事件を「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書第1.0版」として取りまとめた。

新聞やインターネットのニュースで報じられた事件や事故について同協会が統計として報告書として取りまとめたもの。2009年に発生した情報漏洩事件は前年から166件増加して1539件だった。

一方漏洩人数については、100万件超のインシデントが1件発生したものの、10万人規模の大規模な漏洩が19件から12件へと減少したことを受け、152万人減となる572万1498件。

個人情報保護法が施行された2005年以降最低件数で、3000万人分が漏洩し、ピークを迎えた2007年の5分の1以下の水準となっている。1件あたりの平均漏洩人数は3924人だった。

(Security NEXT - 2010/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」