Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

復号通知機能を追加したメール暗号化製品の最新版 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、ゲートウェイ型メール暗号化製品の最新版「Voltage SecureMail Gateway V4.0」を、6月16日より販売開始する。

同製品は、米Voltage Securityが開発したゲートウェイ型メール暗号化製品。メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用しており、添付ファイルを含むメール全体の暗号化や電子署名などが行える。

今回の最新版では、ブラウザから暗号化メールの閲覧を可能にする機能「Zero Download Messenger」に、暗号化メールの受信者が送信者に対しメールの復号を通知する「復号通知機能」を追加した。

このほか、メールアドレスの確認機能、SSLサーバ証明書の期限が切れる前に通知する機能などを搭載したほか、クラスター機能の改良により、設定ファイルや認証情報がサーバ間で複製できるようになった。価格は、100ユーザーで94万5000円から。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開