Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

給与額なども記載された母子自立支援員の個人情報を市町へ送付 - 大阪府

大阪府は、同府職員が母子自立支援員34人分の個人情報含む資料を、府内市町の職員へ送付するミスが発生したことを明らかにした。個人情報の扱いに対し、理解が不足していたと説明している。

誤って送付したのは、厚生労働省から依頼があった「母子寡婦福祉関係業務調査」の調査結果。同資料には、母子家庭の支援などを行う母子自立支援員34人の氏名、年齢、経験月数、着任年月、給与月額といた個人情報が含まれていた。

6月3日、同府担当者が同資料を30市町の職員に送付した際、個人情報を削除せず送付。9日に資料を受け取った一部市から指摘があり問題が判明した。担当者は、送付先が地方公共団体の職員であることから個人情報を記載したままでも問題ないと判断したという。

府では関係市町に謝罪し、資料の廃棄を依頼。また対象となる支援員に文書で謝罪した。今後は職員への研修を実施するなどして、個人情報の適切な取り扱いを指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町