Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岐阜県内の駅でクレジットカード売上票の紛失が判明 - JR東海

JR東海は、高山本線飛騨萩原駅において、駅窓口で利用があったクレジットカードの売上票が、所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、岐阜県下呂市の飛騨萩原駅窓口において、4月に取り扱ったクレジットカードの売上票54枚。カード利用者の署名やカード会社の略称、下三桁を除くカード番号のほか、取引内容など45人分の顧客情報が含まれていた。

5月1日に駅で保管されているのが確認されたのを最後に、所在がわからなくなっているという。駅構内で紛失したと見られているが、見つかっていない。紛失した情報の不正利用など二次被害については、確認されていないという。

同社では、窓口を設置して利用者からの問い合わせに対応するほか、必要な場合にはカード会社と連携して対応するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社