Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Serverサービスの脆弱性を狙った攻撃が増加 - CCCまとめ

サイバークリーンセンター(CCC)は、4月のボット検知状況を取りまとめた。

同センターによれば、マルウェア検体を収集することを目的とした検体収集型と、攻撃元IPアドレスを記録することを目的とした攻撃事象収集型の2種類のハニーポットを利用して収集した4月のボット収集総数は13万3581件で、3月の11万794件から増加を見せた。

重複を除く同定検体数についても6万3546件と、前月の7748件から大幅な伸びを見せた。ウイルス対策ソフトで検知できない未知検体数も427件で、前月の357件から増加している。

ハニーポットの種類別に見ると、検体収集型の検知件数には減少傾向が見られた。これは、大量配布を行っていた米国の特定サイトのアドレス変更に伴い、配布量が大幅に減少したためと同センターでは分析している。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大