Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット上の攻撃と収集したマルウェアの相関関係から攻撃を分析する新技術 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、インターネット上で発生している攻撃を観測し、攻撃パターンから攻撃元のコンピュータに感染しているマルウェアを特定する新技術を開発した。

ネットワーク上で発生している攻撃を分析する「マクロ解析システム」と、ハニーポットにより収集したマルウェアを解析する「ミクロ解析システム」を組み合わせた「マクロ-ミクロ相関分析システム」を開発したもの。

同機構によれば、インシデントの原因となる攻撃と、攻撃の原因となるマルウェアの関係をリアルタイムに分析する技術は世界ではじめてで、原因究明と対策手法の導出までを短時間で行うことが可能としている。

今後同機構では、国内外の協力組織と連携して観測対象ネットワークの拡大や分析結果の展開を進め、より高精度な技術開発を進める。

(Security NEXT - 2010/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン