Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークショップ参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岐阜県の博物館

岐阜県の博物館職員が、同館主催のワークショップ参加者の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。同館では5月5日に紛失の可能性を把握していたが、報告や公表をしていなかったという。

県の発表によると、所在が不明になっているUSBメモリには、同館主催のワークショップの参加者名簿が保存されていた。保育園児2人、小学生30人、中学生15人、保護者5人、一般団体客5人の氏名や住所、電話番号、学校名などが含まれる。

5月5日、館内で回収したアンケートの中に、名前が書き込まれたUSBメモリを拾ったので職員に渡したという内容の記述があることが判明。その後確認したところ、実際にメモリを受け取った職員はいなかったが、職員の1人がメモリを紛失していることがわかった。

所在不明となっているUSBメモリは、2009年に読みとりができない状態となり放置されていたという。同館では職員に再捜索を指示。その後28日に外部からの投書があり、これを受け県が紛失に関する事実確認を行った結果発覚した。同館では関係者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2010/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院