Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Symantec、約1183億円で米Verisignのセキュリティ事業を買収

米Symantecは、米Verisignの個人認証や電子証明書事業を買収すると発表した。

今回の買収額は約12億8000万ドル(約1183億円)で、9月に同意を完了する予定。Symantecでは、今回の買収を通じて、ブランドの認知度向上や既存ソリューションとの連携によるビジネスの強化を図る。

Symantec社長兼CEOのEnrique Salem氏は、「プライバシーの確保と同時にデータの安全性を確保する課題に直面している」と指摘。「認証型セキュリティにより問題を解決することが可能で、既存技術との連携によりなりすましを防ぎつつ安全なアクセスを簡単に実現するソリューションを提供する準備が整った」とコメントしている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産