Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Symantec、約1183億円で米Verisignのセキュリティ事業を買収

米Symantecは、米Verisignの個人認証や電子証明書事業を買収すると発表した。

今回の買収額は約12億8000万ドル(約1183億円)で、9月に同意を完了する予定。Symantecでは、今回の買収を通じて、ブランドの認知度向上や既存ソリューションとの連携によるビジネスの強化を図る。

Symantec社長兼CEOのEnrique Salem氏は、「プライバシーの確保と同時にデータの安全性を確保する課題に直面している」と指摘。「認証型セキュリティにより問題を解決することが可能で、既存技術との連携によりなりすましを防ぎつつ安全なアクセスを簡単に実現するソリューションを提供する準備が整った」とコメントしている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
脆弱性を解消した「OpenSSL 3.0.1」がリリース
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども